千葉県流山市/プロテスタントのキリスト教会です。

日本同盟基督教団平和台恵教会のホームページへようこそいらっしゃいました!
緑豊かな森の街、流山市にある平和台恵教会は今年で創立32年目を迎えました。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

◆安らぎの集い 2021年9月22日
「黙想・・・詩篇2篇」
(1)祈り
(2)聖書 詩篇1:1-6
2:1 なぜ国々は騒ぎ立ちもろもろの国民は空しいことを企むのか。
2:2 なぜ地の王たちは立ち構え君主たちは相ともに集まるのか。【主】と主に油注がれた者に対して。
2:3「さあ彼らのかせを打ち砕き彼らの綱を解き捨てよう。」
2:4 天の御座に着いておられる方は笑い主はその者どもを嘲られる。
2:5 そのとき主は怒りをもって彼らに告げ激しく怒って彼らを恐れおののかせる。
2:6「わたしがわたしの王を立てたのだ。わたしの聖なる山シオンに。」
2:7「私は【主】の定めについて語ろう。主は私に言われた。『あなたはわたしの子。わたしが今日あなたを生んだ。
2:8 わたしに求めよ。わたしは国々をあなたへのゆずりとして与える。地の果ての果てまであなたの所有として。
2:9 あなたは鉄の杖で彼らを牧し陶器師が器を砕くように粉々にする。』」
2:10 それゆえ今王たちよ悟れ。地をさばく者たちよ慎め。
2:11 恐れつつ【主】に仕えよ。おののきつつ震え子に口づけせよ。
2:12 主が怒りおまえたちが道で滅びないために。御怒りがすぐにも燃えようとしているからだ。幸いなことよすべて主に身を避ける人は。
(3)御言葉を味わう(必要に応じ以下の解説を参照)
(4)祈り

<詩篇2篇の解説>
「王の即位」の詩篇。その王とはソロモンと考えられる(参照Ⅱサム7:12以下)
新約聖書では復活のキリストに当てはめられている(使4:25‐26,ロマ1:4,黙2:26‐27等)
この詩篇はメシヤ詩篇(神が救い主をたてる)とも言われる。
主題は、全世界の王である神から任命された地上の王に従う者の幸い。
1節:〈なぜ〉は理由を尋ねるのではなく、驚きと憤りの問いかけ。
2節:〈【主】と主に油注がれた者〉はイスラエルとその王が世界の中で特別な地位にあることを示す。
王・祭司・預言者として油を注がれたイエス・キリストこそ完全なメシヤ。
3節の言葉は地上の王たちが結束して謀反を企てている様子であるが,それは天に向かってつばを吐く行為と同じである
4‐5節:真の支配者は地上の謀反人たちをあざけり、怒りと共にご自身の計画を彼らに明確に示される。
6節:〈わたしが〉は次の〈わたしの王を立てた〉という行為を強調する。〈わたしの王〉は地上における神の代理人。〈立てた〉とは即位させたこと。〈シオン〉はエルサレムのこと。神はご自身の代理人を確かにエルサレムで即位させたと宣言。
7節:Ⅱサム7:12以下のダビデ契約に基づいている。〈私は【主】の定めについて語ろう〉はダビデに与えられた神の約束を確信するソロモンの言葉。〈生んだ〉とは「養子縁組」。〈わたしが今日〉という強調によって神と王との新しい関係が示される。すなわち神の器として立てられたという任務の強調。この王の即位の宣言はキリストの復活による神の子としての公的な出来事において成就された(ロマ1:4,ヘブ1:4‐5)
8節:〈わたしに求めよ〉は神と王との親しい関係と地上の代行者のあるべき姿勢を示す。王の務めは常に天の王の御旨を求めることにある。イエス・キリストの姿勢はその通りであった(ピリ2:8‐9,ヘブ5:7‐8)
9節:黙12:5に引用されている。〈鉄の杖〉とは「折れない杖」であり「公正の杖」(45:6)。杖を持つ王は牧者でもある(参照23:4,イザ40:11,エレ31:10)
10節:ここからから地上の支配者たちに対する忠告と勧告が続く。〈悟れ〉は賢明に行動し命と繁栄の道を選び取れという忠告。〈慎〉むとは、訓練を受けること。
11節:〈【主】に仕えよ〉という表現によって、政治的な服従ではなく宗教的な意味での服従と礼拝を勧めている。
〈子に口づけせよ〉とは王に対する敬意と服従の勧め。
12節:〈道で〉とは「途上にある」という意味で、神の怒りが燃え上がろうとしている状態にあるから、悔い改めて幸いを得よ、と警告している(1:6の悪者の道の自滅を参照)
※1篇は「主の教え」を喜ぶことが幸いの秘訣であることを教え、2篇は神の忠実な代理者であるメシヤに従うことが幸いであることを教える。これら2つの詩篇は復活のキリストをかしらとする教会の現実において成就していると言えよう。

【祈りの課題】
・ウィルス感染終息と人々の生活の守りのため。
・病と試練の中にある方、ご高齢の方々のため。
・流山市、近隣の町々に福音が宣べ伝えられ、救いの実が与えられるように。
・日本と世界全体が平和の道を歩めるように。

 

♪「2021年テーマソング」

♪「賛美集(御霊の実/ひかり/御国が来ますように)」

 

お知らせ

平和台恵教会の、新型コロナウィルス対策に関して

◎新型コロナウィルス対策◎ 当教会では以下の条件と対策をもって礼拝を実施しています。 【会堂での礼拝】 ①発熱、咳、倦怠感のある方は、自宅で礼拝しています。 ②教会で礼拝する方は入口にて手指消毒、マスク着用を徹底していま …

ながれやま・がん哲学外来カフェへようこそ(2021年活動予定)

後援:一般社団法人がん哲学外来/www.gantetsugaku.org 「がん哲学外来カフェ」は、樋野(ひの)興夫(おきお)先生 (医学博士・順天堂大学名誉教授)の 提唱により、がん患者の方々が病気の悩みや不安を軽減で …

クリスマス集会へおいでください

12月15日(日)午後1:30~3:00子どもクリスマス (幼児と小学生が対象の楽しいプログラム) 12月22日(日)午前10:30~12:00クリスマス礼拝 (大人も子どもも参加できる集会です) 12月24日(火)午後 …

ながれやま・がん哲学外来カフェへようこそ(2020年活動予定)

後援:一般社団法人がん哲学外来/www.gantetsugaku.org 「がん哲学外来カフェ」とは 樋野(ひの)興夫(おきお)先生(順天堂大学名誉教授・新渡戸稲造記念センター長)の提唱により、がん患者さんが、病気の悩み …

恵(めぐみ)カフェ・オープンします 10月20日(日)12:00~13:00

平和台恵教会は毎月1回、コーヒーの香りでいっぱいになります。 教会では、厳選されたコーヒー豆から1杯1杯ていねいに注がれるハンドドリップコーヒーを 飲みながら、楽しいおしゃべりの会を行っています。 お気軽にお立ち寄りくだ …

ブログ

12月24日に、クリスマス・イブ礼拝を行いました

コロナ禍の中で迎えた今年のクリスマス。 いつもとは違う過ごし方。 教会でのクリスマスの集会も 感染対策をしながら 礼拝堂において、 そして同時にライブ配信でも 行われました。 イブ礼拝ではキャンドルを灯し、 静かに、しか …

キャンドル

12月24日に、キャンドルサーヴィス(クリスマスイブ礼拝)を行いました

イブ礼拝の感謝 37年前、結婚して移り住んだキリスト教国アメリカ、特に南部地方では、日曜日の礼拝出席は一般的な習慣化されたものでした。皆が正装し、家族が連れ立って教会に向かう姿は日曜日のありふれた風景でした。住んでいた地 …

12月22日にクリスマス歓迎礼拝を行いました

クリスマスおめでとうございます! 今日はクリスマス歓迎礼拝でした。 人は誰しも心の底に深い闇を抱えていますが、その闇を照らすために、まことの光であるイエス様はこの世に来られました。 嫌われ者のザアカイが切にそのお姿を求め …

12月15日はキッズクリスマス会を行いました。

12月15日はキッズクリスマス会を行いました。 賛美歌を歌い、ゲームをした後 「お馬になったケンちゃん」という クリスマスのお話を聞きました。 大切なことは ①イエス様を信じること ②日曜日は教会に行くこと みんなで確認 …

子どもと一緒の礼拝を行いました 11月10日

11月10日 子どもと一緒の礼拝を行いました。 礼拝プログラムの中で、子ども達に向けて牧師から聖書のメッセージが語られ、参加した子ども達ひとりひとりの頭に手を置いての、祝福の祈りが捧げられました。 大人も子どももみんなで …

PAGETOP
Copyright © 日本同盟基督教団 平和台恵教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.