千葉県流山市/プロテスタントのキリスト教会です。

ゼパニヤ書「神がおられる場所」

序.神のはどこに

・「神はどこにいるのか」、それが人間の大きな問い。
・預言者らは神の居場所を指し示し続けた。

1.ゼパニヤの時代

・ゼパニヤの活躍したBC600年前後には預言者が多くいた。南ユダの滅亡が接近していたため。
・南ユダ王国はマナセ王時代に偶像と不正が横行し、信仰的にも道徳的にも最悪だった。
・次のヨシヤ王は偶像を取り除き、宗教改革を行った。
Ⅱ列王記23:25 ヨシヤのように心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてモーセのすべての律法に従って、【主】に立ち返った王は、彼の先にはいなかった。彼の後にも彼のような者は、ひとりも起こらなかった。

2.ゼパニヤの預言

・ヨシヤ王が信仰的に影響を受けたのが預言者ゼパニヤ。→1:1
・ヨシヤ王はゼパニヤの預言を聞きながら、幼少から青年時代を歩んだ。
1:4~1:6【主】に従うことをやめ、【主】を尋ね求めず、主を求めない者どもを断ち滅ぼす。
・ゼパニヤが強調して語るのは神の裁きがくだる「主の日」。→1:7ゼパニヤ書では7回。
・「主の日」は、神が裁きをもってこの世界に介入される時。→1:15
・ゼパニヤの預言を聞いて、心砕かれ悔い改める者もいた。ヨシヤ王もその一人。
・へりくだり、神の正義を求める者たちに神様は次のように語りかけた。→2:3
(へりくだった者とは、自分の罪を認め神の救いを求め、神に信頼して歩む者)
・たかぶり、神の審判をあなどる者たちは非難された。→3:1~2

3.高ぶる者、へりくだる者

・「主の日」がすぐに来ないため、へりくだる者より高ぶる者の方が得をしているように見えた。
・神は主の日が来るまで忍耐して待つように言われた。→3:8それゆえ、わたしを待て。
→3:11・・・わたしは、おごり高ぶる者どもを取り去り、
→3:12・・・わたしは、へりくだった、寄るべのない民を残す。
IIコリント5:10私たちはみな、キリストの裁きの座に現れて、善であれ、悪であれ、各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになるからです。
・イエスの十字架の救いを受け取らない者たちには、イエス様の再臨は、裁きと滅びの恐怖の日。
・イエス様を信じてまことの神に立ち返るならば、その日は救いの日、喜びの日となる。
・信仰の歩みは「主の日」を待ち望む時に真価が表れる。
ルカ21:27-28「そのとき、人々は、人の子が力と輝かしい栄光を帯びて雲に乗って来られるのを見るのです。これらのことが起こり始めたなら、からだをまっすぐにし、頭を上に上げなさい。贖いが近づいたのです」

4.神がただ中に

・信仰者にとって「主の日」が来るまでの歩みは何の恵みも喜びもないのかというと、そうではない。
→3:15 ・・・イスラエルの王、【主】は、あなたのただ中におられる。
→3:17 あなたの神、【主】は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与える。主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる。
・「主の日」が来るまで、神ご自身が、神を信じへりくだった者たちのただ中におられる。
・今、イエス・キリストは肉眼では見えないが、すでに信じる私たちのただ中におられる。
・教会の宣教の働きを人の知恵や力ではなく、ただ中におられる神により頼んでいくことが幸い。
→マルコ4:35~40
→3:17 あなたの神、主は、あなたのただ中におられる。救いの勇士だ。
・「救いの勇士」とは、最終的な勝利をもたらすお方であることを意味する。
・共にいてくださる神は救いの勇士であり、私たちがより頼むべき力。
・「主の日」に向かって、体をまっすぐにし、顔を上げ、希望をもって歩んでいきたい。

聖書66書簡

聖書66書簡

PAGETOP
Copyright © 日本同盟基督教団 平和台恵教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.